人知を超えたレベル「高頻度取引」とは

一言「高頻度の取引」と聞いても、どれ程の回数取引を行うのがそれに当たるのか、あまりよくわかりませんよね。投資取引といえばハイローオーストラリアの初心者の方も取引されている方がたくさんいらっしゃると思いますが、一日にFXや株などの投資取引を数十回、数百回頻繁に行っている・・・これも高い頻度の取引ですが、まだまだ人間ができる範疇での取引です。しかし、高頻度取引とはそんな人間が行える取引回数のレベルを超越する程のものなのです。


1000分の1秒の世界

HFT=High frequency tradingと呼ばれている高頻度取引とは、1秒未満それこそ0.1秒よりも更に短い時間である0.001秒といった間に取引をします。もちろん人間の手では不可能ですから、そこに使われるのは高機能なコンピューターです。自動的に株やFXなどの取引を戦略に基づいて行います。一定の規則性に基づいたプログラム=アルゴリズムでとにかく短時間に自動的に取引を繰り返すため、アルゴ、アルゴリズム取引とも呼ばれています。



高頻度取引がもたらす大きな変化

高頻度取引が実現することによりもたらされるのは「完璧な取引」「勝率100%」といった結果です。例えば一般的な投資家Aさんが「○○株を10万円で買いたい」と注文を入れ、それを受けるまでの1000分の1秒単位の時間に高頻度取引を行うプロのBさんがいたらどうでしょうか。Aさんの注文が受け付けられる前に○○株を9万円で先に買い、その後10万円で売りに出す、これをすれば超短時間にBさんは1万円の利益を出すことができるわけです。こういった注文を受けるまでに発生する、超短時間のタイムラグに目をつけたのが高頻度取引なのです。つまり相手のカードをものすごいスピードで先に覗き見て、自分に効果的なカードを切るというようなやり方とも言えますね。


インターネットがなかった時代から存在していた?

現在ではインターネットが当然のように普及しwww.オーストラリアハイロー.coのような人気サイトが誕生し、http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonlineを参考に、高頻度取引のようなスーパー取引が実現できていますが、実はネットが普及するだいぶ昔からこのような技法は構想されていたと言われています。その昔アメリカでオンライン取引が始まっていない頃は、証券取引所が各地方に設置されており、ニューヨーク、シカゴ、ボストン、ハワイのホノルルにまでありました。それぞれの地で取引が行われるので、僅差ですが価格の差異が生じることにもなります。そこでその「差異」を利用し、少しでも安い方の市場に注文を入れ高い市場で売りに出すことができるようにと、採用されたのが電話でのやりとりだったのです。最初に電話を取り入れ、リアルタイムに近い取引を実現した会社はその後革命的な成長を遂げ、これが現在の高頻度取引につながることになったと言われています。

電話からスタートした通信技術、今では投資取引にも欠かせなくなりました。高頻度取引のような秒以下の時間をも対象にアルゴリズムで動く取引ができないのであれば、もはや投資そのものに勝てなくなってきているのかもしれません。